FC2ブログ

MK-167 デムロポリス防衛戦 その11

光一(光の勇士)
せいやー

ホブニウェンペ
(ダメージを受ける)
以前より威力が上がっているようじゃ。
いや、闇の力が抑えられておるからか。

マリア(闇の巫女)
そうです。わたしが抑えています。
そして、わたしたちの力も以前よりさらに上がっています。

ホブニウェンペ
ふむ、ならばこちらの攻撃はどうかのう。
メガダークブレイズ
(闇属性広範囲高威力設置型攻撃魔法)

光(ひかり)(光の巫女)
ホーリープロテクト
(光属性範囲設置型防御フィールド)

ホブニウェンペ
打ち消されてしまったか。
ならばしばらくは持久戦じゃのう。

光一(光の勇士)
どういうことだ?

ホブニウェンペ
後になればわかる。

(しばらく後)

未由・リーブス(風の巫女)
ホブニウェンペ、幹部の複製は倒しました。
あとはあなただけです。

ホブニウェンペ
ふむう、思ったよりも早く終わったのう。
ならばいよいよ切り札を出すときじゃのう。

水奈(水の巫女)
幹部の複製が奥の手じゃなかったの?

ホブニウェンペ
あれば次への布石じゃな。
では闇の原石を使って組み立てるぞ。
うーーーーーーーーむ

理恵(土の巫女)
先ほどまで幹部の複製が放っていた6つの属性の力が一か所、
すなわちホブニウェンペに集まっています!
これは!?

ロクオウ(ホブニウェンペ変化)
(変化する)

光(ひかり)(光の巫女)
ホブニウェンペが大きな魔物に変化しました!

光一(光の勇士)
ロクオウだと!?

美月(火の巫女)
どういう魔物なの?

アルベラ(闇の勇士)
本来はエンシェントアークの奥深くに封じられた巨大な魔物です。
その名のとおり、6つの属性を操ることができる6属性の王という意味です。

水奈(水の巫女)
実際に目にしたことがある人は限られるから、知らない人が多いわね。
それにしてもやっかいな魔物になったわね。

理恵(土の巫女)
先ほどの6つの属性が集まったのはこのためだったのですね。

マリア(闇の巫女)
6つの属性ということは、攻撃を切り替えていくということでしょうか?

未由・リーブス(風の巫女)
そうです。
時間経過とともにランダムに属性が変わり、
そして同じ属性の魔物を召喚します。

光一(光の勇士)
どうやらロクオウについて知っているのは、
自分と未由とアルベラくんと水奈くん、
年長で戦いの経験が豊富な4人だけのようだな。
よし、経験者の指示を聞いて、対処して攻撃だ!

ロクオウ(ホブニウェンペ変化)
はたしてわしを倒すことができるかな?
かかってくるがよい。
スポンサーサイト



MK-166 デムロポリス防衛戦 その10

<グラフヴェルズ戦>

水奈(水の巫女)
これで水の力は封じたわ。
今のうちに火の攻撃を。

紅(ハートメイト)
うぉーーーー!
燃え上れ、俺の魂!
(全身に炎をまとう)

美月(火の巫女)
ずいぶん気合を入れているわね。
とにかくとどめね。
メテオフレイム
(巨大火の玉)

グラフヴェルズ
ぐぁー

紅(ハートメイト)
うぉりゃあーーーー!
(ボディアタック)

グラフヴェルズ
ぐぁーーーーーー!
(消滅)

水奈(水の巫女)
やっと片付いたわね。

紅(ハートメイト)
こんなもんだぜ。

未由・リーブス(風の巫女)
こちらの戦いも終わったようですね。

水奈(水の巫女)
ええ、原石を持っていない分、簡単に終わったわね。

理恵(土の巫女)
ですが、ホブニウェンペはまだいます。
こちらの方が重要です。

美月(火の巫女)
今回のは、あくまで複製でしたから。

未由・リーブス(風の巫女)
では皆さん、ホブニウェンペの方へ行きましょうか。

MK-165 デムロポリス防衛戦 その9

<ヴィゾーフニル戦>

未由・リーブス(風の巫女)
ヴィゾーフニル、あなたの風の力を封じます。
これであなたの力は発揮することはできません。

ヴィゾーフニル
ぐぐぐ・・・・

お玉(ハートメイト)
マイクロミサイル発射
(多弾頭ミサイル)

理恵(土の巫女)
ストーンウェーブ!
(岩石による射撃攻撃)

ヴィゾーフニル
ぐぁーーーーー
(消滅)

お玉(ハートメイト)
敵、消滅しました。

理恵(土の巫女)
強化もしませんし、原石もなかったですね。
あと、残りは水のグラフヴェルズですね。

未由・リーブス(風の巫女)
あくまで、昔の能力の複製みたいですね。
では次へ向かいましょう。

<ホワイトデカッカラン戦>

紅(ハートメイト)
うぉりゃあ!

ホワイトデカッカラン
ぐぁ!

紅(ハートメイト)
いい調子でダメージを与えているぜ。

美月(火の巫女)
こちらも本当に力(ちから)バカね。
力也と気が合うというのがよくわかるわね。

水奈(水の巫女)
ではとどめといきましょう。
アクアトルネード
(大渦巻)

美月(火の巫女)
メテオフレイム
(巨大火の玉)

紅(ハートメイト)
うぉりゃあ、どどめだぜ!

ホワイトデカッカラン
ぐぁーーーーー
(消滅)

紅(ハートメイト)
あっさり終わってなんか物足りねえな。

美月(火の巫女)
ま、昔の能力の複製品ね。

水奈(水の巫女)
あとは水のグラフヴェルズだけね。
次へいきましょう。

MK-164 デムロポリス防衛戦 その8

<フレハラム戦>

美月(火の巫女)
フレハラムの火の力を抑えておくわ。
今のうちに!

楓(ハートメイト)
ハイパー連続斬!
(高速移動による連続斬撃)

フレハラム
ぐぁーーーー

未由・リーブス(風の巫女)
エフファイブトルネード
(竜巻)

フレハラム
ぐぁーーーー
(消滅)

楓(ハートメイト)
思ったよりも早く片付けることができましたね。

美月(火の巫女)
ま、一度は倒しているし、フレハラムが原石を持っていないから、
今のわたしたちの力ならあっという間ね。

未由・リーブス(風の巫女)
とはいえ、これだけ高い能力の魔物を複製したわけですから、
それへの対策もいりますね。
そしてまだ戦いは続いています。
次の相手へいきましょう。

美月(火の巫女) 楓(ハートメイト)
はい!

<ティターン戦>

理恵(土の巫女)
ティターン、これであなたの力を封じました。

鋼(ハートメイト)
アクアウェーブ
(大津波)

水奈(水の巫女)
アクアトルネード
(大渦潮)

ティターン
ぐぁーーー
(消滅)

鋼(ハートメイト)
あっけなく終わった。

理恵(土の巫女)
土の原石を持っていませんでしたね。

水奈(水の巫女)
わたしたちの力がそれだけ上がったということね。
だけど、油断は大敵よ。
次の相手に向かいましょう。

MK-163 デムロポリス防衛戦 その7

未由・リーブス(風の巫女)
ウィンディ・エクス・ゼファー
(全開放)

水奈(水の巫女)
ウォーティ・エクス・アクア
(全開放)

美月(火の巫女)
ファイアリィ・エクス・フレイム
(全開放)

理恵(土の巫女)
アーシィ・エクス・ガイア
(全開放)

アルベラ(闇の勇士)
光属性のホワイトデカッカラン以外でしたら、
わたしの攻撃は通用します。
必要な場所で戦います。

紅(ハートメイト)
だったら俺はあの光属性のヤツにとことん攻撃してやるぜ!
炎がよく効きそうだからな。
倒したら、次は水属性を相手にするぜ!

楓(ハートメイト)
わたしは当然、炎属性のフレハラムを相手にしますね。
以前、アイアンサウスで戦った経験をいかします。

お玉(ハートメイト)
風属性の魔物は飛行するので、
わたしの自動追尾弾をもって相手をします。

鋼(ハートメイト)
敵の魔法を防ぐ防御バリアを張る。
その後は土の巨人を相手にする。

アルベラ(闇の勇士)
そういうことでしたら、わたしはまず水のグラフヴェルズを相手にします。

未由・リーブス(風の巫女)
わたしたちの攻撃も基本は相手が弱点になる属性の攻撃をします。
ただし、敵の属性攻撃を防ぐ方にも注意を向ける必要があります。

美月(火の巫女)
2つの相手をするのはなかなか大変だけど、
フレハラムとグラフヴェルズ、どっちもわたしにとって、
いろいろ因縁がある相手だがら、やってみせる!

水奈(水の巫女)
その意気ね。
みんなも頑張りましょう。

理恵(土の巫女)
そうですね。
一度は倒した相手。
今回も必ず倒します。

未由・リーブス(風の巫女)
では皆さん頑張りましょう。

MK-162 デムロポリス防衛戦 その6

ホブニウェンペ
さて、これだけの数かつ能力の高い相手となると、
わしも奥の手が必要じゃな。

光(ひかり)(光の巫女)
原石を使うのでしょうか?

ホブニウェンペ
それはもう使っておる。
奥の手はこれじゃ。

フレハラム グラフヴェルズ ヴィゾーフニル
ティターン ホワイトデカッカラン
(召喚)

理恵(土の巫女)
倒したはずの幹部!

マリア(闇の巫女)
時空を捻じ曲げて、存在している時点のを写し取って召喚しましたか。
魂を複製するやり方です。

美月(火の巫女)
倒された敵は次に出るときは弱体化しているって法則があるけど、
それかしら?

水奈(水の巫女)
それでもうまく弱点の属性攻撃をしなくては、時間がかかるわね。

未由・リーブス(風の巫女)
ホブニウェンペには、光一さんと光さんとマリアさんの3人に任せます。
残りの敵はわたしたちが総がかりで攻撃します。

光一(光の勇士)
わかった。
自分たちはホブニウェンペを倒すことに集中しよう。
光、マリアくん、いくぞ!
フォトン・セット・アップ!
(銀色の鎧を装着)

光(ひかり)(光の巫女)
わかりました、お兄様。
ライト・エクス・ホーリー
(全開放)

マリア(闇の巫女)
わたしたちで必ず倒します。
ダーク・エクス・アビス
(全開放)

アルベラ(闇の勇士)
皆様ご武運を。
『ダーク』『ホーリー』(音声合成)
変身!
(漆黒と白の合わさった強化服を装着)

紅(ハートメイト)
よっしゃあ、いくぜ!

楓(ハートメイト)
加速ブースター・オン

お玉(ハートメイト)
モード・マルチロック

鋼(ハートメイト)
マナ・エーテル・オールグリーン

ホブニウェンペ
総決戦じゃ。
かかってくるがよい。

MK-161 デムロポリス防衛戦 その5

(音声合成)
侵入者あり。場所は地下2階。
守備隊は突破された模様。

未由・リーブス(風の巫女)
どんな敵かわかりますか?

DEMドラゴン(人)
モニターに映せ。

(映像にホブニウェンペの姿)
ホブニウェンペ

(映像を見て)

水奈(水の巫女)
これは間違いなくホブニウェンペね。

光(ひかり)(光の巫女)
単独なのにどんどん突破されています!

光一(光の勇士)
ホブニウェンペは元はディメンジョン神託の風穴のモンスターだ。
その上、魔王の力が加わっているから、かなり強くなっている。
このままではここに来るのも時間の問題だ。

理恵(土の巫女)
では、わたしたちは急いで迎え撃つ必要がありますね。
すぐに向かいましょう。

<旧アクロポリス指令室通路>

アルベラ(闇の勇士)
適度な広さのあるここで迎え撃ちましょう。

美月(火の巫女)
今回は光ちゃんとマリアちゃんが要(かなめ)ね。
ホブニウェンペは闇属性だから。

マリア(闇の巫女)
はい、わかっています。
わたしがホブニウェンペの闇の力を封じ込めます。

光(ひかり)(光の巫女)
はい、わたしの攻撃でホブニウェンペを倒すのですね・・・・

光一(光の勇士)
光、何か心配事があるのか?

光(ひかり)(光の巫女)
シャインがさっきから見かけないのです。
ここに到着したときにはいたのですけど。

美月(火の巫女)
この中なら、戦闘に巻き込まれない限り、DEMドラゴンが近くにいるから
大丈夫だとは思うけど。

水奈(水の巫女)
今は迎え撃つ必要があるから、戦闘に集中する必要があるわ。
また後で探しましょう。

光(ひかり)(光の巫女)
わかりました。
ここを守ることがシャインを守ることになりますから。

(現れる)

ホブニウェンペ
ここが中枢部か。
そして、巫女や勇士どもがいるか。
なるほど、対応が早いと思ったが、お主たちがいたか。
そしてオートマタもおるのう。

紅(ハートメイト)
コテンパンにしてやるぜ!

楓(ハートメイト)
かなり強大な闇の力がありますね。

お玉(ハートメイト)
闇の属性値は今までにないほど大きな値です。

鋼(ハートメイト)
無属性魔法をメインにして、敵を攻撃する。

光一(光の勇士)
ホブニウェンペ、ここでお前を倒す。

ホブニウェンペ
光の勇士、光の巫女、確かに闇属性には威力が上がるが、
闇属性が光を能力で上回れば問題はない。

未由・リーブス(風の巫女)
わたしたちは結集してあなたを倒します。
では皆さん、攻撃開始です。

MG-046 偶然の穴 その2

(配下B)
この奥です。

ホブニウェンペ
あとはわしが奥へすすむ。
お主は戦線に戻って戦闘に参加せよ。

(配下B)
わかりました。
(去る)

ホブニウェンペ
さて、どの中枢部にたどり着くにはどのぐらいの距離じゃろうか。

<地下大水路>

ホブニウェンペ
この辺りはDEMはおらぬようじゃな。
元から住み着いている魔物ばかりじゃ。
それもたいして強くないものばかりじゃ。

<旧アクロポリスB1F>

ホブニウェンペ
どうやら都市部入ったようじゃな。

(DEMのA)
侵入者発見、ただちに討伐。

ホブニウェンペ
さて、どの程度の強さか、調べさせてもらおとしようかのう。

(数分後)
(DEMのA)
侵入者・・・・強い・・・・・援軍・・・・・
(壊れる)

ホブニウェンペ
外の者より弱いな。
この調子なら、まだ奥へ行けそうじゃのう。

(DEMの軍勢)
侵入者、侵入者、侵入者、

ホブニウェンペ
今度はまとめて来たようじゃな。

(5分後、DEMの軍団を壊滅させる)

ホブニウェンペ
やはりこの程度か。
ま、奥にはもっと強いDEMがいるやもしれぬ。
とっておきはそのときに使うといたそう。

MG-045 偶然の穴 その1

<ドミニオン界 西アクロニア平原>

ホブニウェンペ
ふむう、戦線が膠着しておるのう。
確かに事を成すまでの時間稼ぎではあるが、
可能な限り中心部まで進みたいのう。

(配下A)
そういえば、ドミニオンが作った地下道があると聞きましたが?

ホブニウェンペ
あそこの入口はドミニオンの精鋭が守っている上に、狭い場所じゃ。
各個撃破される上に、今の段階では戦力分散になる。

(配下A)
そうでございましたか。
他に入る道はないものでしょうか?

(配下B)
(大慌てで来る)
大変でございます!

ホブニウェンペ
どうしたのじゃ?

(配下B)
この先の洞窟の奥に道があり、調べたところ、
DEMの都市部に通じていることがわかりました!

ホブニウェンペ
なんじゃと!?
それで、そこにはDEMやドミニオンどもはいないだろうな?

(配下B)
通路にはいません。
都市部に入ればDEMどもはいますが。

ホブニウェンペ
ふむう、これはよい機会かもしれぬ。
よし、わし自らが精鋭を引き連れてそこから中へいくぞ。

(配下A)
ホブニウェンペ様自らですか!?

ホブニウェンペ
中を突破するのは、わしぐらいの実力がなければ無理じゃろう。
そして精鋭もわしが用意するゆえ、大丈夫じゃ。

(配下A)
わかりました。

ホブニウェンペ
わしが不在の間は、そなたに指揮を任せる。
ま、もっとも各自で戦っておるのを見張るだけじゃから、難しくはない。
それから、戦力がかなり減った場合、無理せず撤退せよ。
魔将様より預かっている戦力もあるからのう。

(配下A)
では一時お預かりします。

ホブニウェンペ
ではその場所へ案内せよ。

(配下B)
はい、ではこちらへ。

MK-160 デムロポリス防衛戦 その4

<デムロポリス中枢部>

DEMドラゴン(人)
到着ご苦労。
魔軍は現在のところは、まだ外周で交戦中だ。
内部に入ったという報告はない。

未由・リーブス(風の巫女)
以前にレジスタンスが作った地下道から入る可能性はあるのでしょうか?

DEMドラゴン(人)
その点は問題ない。
入口側は軍艦島地下で、あそこはドミニオンたちの精鋭が守っている。
そこまで戦力を割く余裕は魔軍にはないだろう。

美月(火の巫女)
通路の途中から入り込む可能性はあるのかしら?

DEMドラゴン(人)
その可能性は僅かにあるだろうが、
その場合、この街の地下にいるDEMが反応するはずだ。
その動きを見ればきたのがわかる。

水奈(水の巫女)
問題は、それが魔軍の精鋭だった場合よね。
魔将とまではいかなくても、ホブニウェンペぐらいの実力者が多数いれば、
攻め込まれそうね。

紅(ハートメイト)
そのときは俺たちに任せろ!
蹴散らしてやるぜ!

楓(ハートメイト)
とはいえ、各個撃破するにはなるべく狭い通路で迎え撃つのがいいですね。

お玉(ハートメイト)
索敵サーチします。

鋼(ハートメイト)
足止めして一撃。

光一(光の勇士)
どの位置で迎え撃ちべきか判断が難しいところだが、
あまりこちらに引き込みしすぎるのも危険だな。

アルベラ(闇の勇士)
あるいは、ホブニウェンペ周囲の部隊だけ孤立させて、
一斉に攻撃するという方法もあります。

DEMドラゴン(人)
隔壁閉鎖のタイミングが必要だな。

理恵(土の巫女)
ホブニウェンペを発見するのが先か、
侵入されるのが先かですね。

DEMドラゴン(人)
何か動きがあればすぐに伝えよう。

MK-159 デムロポリス防衛戦 その3

<ドミニオン界上空>

お銀(ハートメイト)
ドミニオン界へ到着じゃ。
ただし、要塞は上空で待機じゃ。
わらわたちが来たことを、敵に悟られないようにじゃ。

未由・リーブス(風の巫女)
そうですね。
相手への不意討ちにはこちらが見つからないようにする必要がありますから。

アルベラ(闇の勇士)
では下へ降りるには転送ゲートからでしょうか。

お銀(ハートメイト)
その前に魔軍の指揮官を見つけたかどうか、
DEMドラゴンに確認じゃな。
通信を入れるぞい。

(通信ON)

お銀(ハートメイト)
こちらは空中要塞ハイドロジェンじゃ。
ドミニオン界へ到着したぞい。
敵の指揮官の位置はどこじゃろうか?

DEMドラゴン(人)
到着ご苦労。
敵の指揮官はまだ見つかってはおらぬ。
偵察機を出して上空から探してはいるが、
数が多いゆえ、探し出すのに時間がかかる。

お銀(ハートメイト)
ふむう、まだのようじゃのう。
要塞は魔軍に見つからぬよう、空中で待機するぞい。
いつでも対応できるよう、
巫女たちをそちらへ転送してもよいじゃろうか?

DEMドラゴン(人)
よかろう、許可する。

お銀(ハートメイト)
では詳しい打ち合わせはそちらに到着してからじゃな。
わらわはこちらに残るゆえに、巫女や勇士と打ち合わせを頼むぞい。

DEMドラゴン(人)
わかった。
(通信OFF)

光(ひかり)(光の巫女)
お銀さんは、今回はここに残るのですか?

お銀(ハートメイト)
要塞からの連絡要員として誰かが残る必要があるからのう。
他のオートマタは出撃じゃな。

光一(光の勇士)
わかった。
何かあれば通信をよろしく頼む。

未由・リーブス(風の巫女)
では皆さん移動しましょうか。

MK-158 デムロポリス防衛戦 その2

お銀(ハートメイト)
みんなそろったようじゃのう。

未由・リーブス(風の巫女)
いつ連絡がきてもいいように準備していました。

光一(光の勇士)
思ったよりも早く動き出したな
それだけ戦力が急速に整ったということだろう。

水奈(水の巫女)
魔軍の底力はあなどれないわね。

理恵(土の巫女)
すでに5体の魔将が覚醒しています。
各地の魔将の配下を集めたのだと思います。

美月(火の巫女)
光ちゃん、珍しくシャインが一緒にいるわね。

光(ひかり)(光の巫女)
はい、なぜが離れたくないようです。
ですから、久しぶりに一緒にです。

モモンガ(光)
きゅーきゅ

マリア(闇の巫女)
それが光さんのパートナーですか。
かわいいモモンガですね。

モモンガ(光)
きゅきゅ

アルベラ(闇の勇士)
それで、魔軍はどれだけの戦力で攻め込んでいるのでしょうか?

お銀(ハートメイト)
かなりの数じゃな。
ま、デムロポリス周囲は多数のDEMがいるために、
それに対抗してのことじゃろう。

未由・リーブス(風の巫女)
わたしたちは魔軍の指揮をしている者、おそらくはホブニウェンペでしょうが、
その一点狙いですね。

お銀(ハートメイト)
ホブニウェンペを見つけ次第、その近くに転送して戦いじゃな。
要塞からもできるし、デムロポリスのDEMドラゴンも行えるぞい。

光一(光の勇士)
あるいは、ホブニウェンペはDEMの防衛線を突破して、
DEMドラゴンのいる中枢部まで来るかもしれない。

水奈(水の巫女)
そういえば、あそこには以前、レジスタンスが作った地下道があるのよね。
それが見つかったら、一気に攻め込んでくるかもしれないわね。

美月(火の巫女)
どこで防ぐかよね。

アルベラ(闇の勇士)
あるいは2重か3重の守備が必要ですね。

お銀(ハートメイト)
そうじゃのう。
そこはDEMドラゴンと相談したほうがいいじゃろう。
さて、そろそろ次元転移をするぞい。
ドミニオン界へ移動じゃ。

MK-157 デムロポリス防衛戦 その1

<ドミニオン界 デムロポリス 中枢部>

(音声合成)
魔王軍の進撃を確認しました。
デムロポリスに向けて進撃中。

DEMドラゴン(人)
かねてからの準備通り、全軍、魔王軍に対して迎撃を命ずる。
それからわたしは空中要塞ハイドロジェンへ連絡する。

(音声合成)
了解

DEMドラゴン(人)
では連絡を入れるとしよう。

<エミル界 機動要塞ハイドロジェン>

楓(ハートメイト)
銀様、DEMドラゴンから通信が入りました。

お銀(ハートメイト)
いよいよ魔軍の攻撃が始まったようじゃな。
わらわが出るぞい。

DEMドラゴン(人)
デムロポリスに向かって魔王軍の進撃が開始された。
こちらは予定通り防衛戦を行う。

お銀(ハートメイト)
わかったぞい。
こちらもメンバーを集めてそちらへ向かうぞい。
あとは敵の指揮官、おそらくホブニウェンペという魔物じゃろうが、
その位置の探索を頼むぞい。

DEMドラゴン(人)
わかった。
そちらの援軍を待っている。
(通信OFF)

お銀(ハートメイト)
さて、これから忙しくなるぞい。
まずは勇士や巫女たちに連絡じゃな。

お玉(ハートメイト)
わかりました。
ただちに連絡します。

紅(ハートメイト)
大規模な戦いとくりゃあ、俺の出番だな。

お銀(ハートメイト)
そうじゃのう。
ま、実際にはそなたは時間稼ぎ役じゃな。
ラスボスは巫女や勇士が対処するからのう。

紅(ハートメイト)
とにかく戦えればいいぜ。

鋼(ハートメイト)
戦力は万全に整えるべき。

お銀(ハートメイト)
ま、そうじゃのう。
場合によってはこの要塞も含め対応せねばならぬのう。
とにかく皆が来てからじゃ。

MG-044 進撃開始

ホブニウェンペ
さてようやく準備が整ったのう。

ホブニウェンペ
ま、わしらはあくまで魔将様そして魔王様のための使い捨てじゃからのう。

ホブニウェンペ
その中でどれだけ貢献できるかがカギじゃな。
DEMの戦力を減らすのは当然じゃが、
DEMの機械技術をどこまで入手できるか。

ホブニウェンペ
さて向かうとするかのう。

<広場>

ホブニウェンペ
皆の者、各魔将様から派遣された者も含め、十分な戦力が整った。
今こそ我ら魔王様の配下がDEMを駆逐するのじゃ。

(魔物たち)
おーーーーーーー!

ホブニウェンペ
では進撃開始じゃ。

(魔物たちが続々と出発していく)

ホブニウェンペ
さて、やつらはどのタイミングで来るかのう。
気長に待つとするか。

MG-043 魔軍の準備態勢

土魔 石亀様
戦力は整ったか?

ホブニウェンペ
こちらの戦力に加え、土魔様、火魔様、水魔様の軍勢も加え、
かなりの規模になりました。
あとはいつでも攻撃可能です。

土魔 石亀様
これだけあればDEMの大軍団にも対抗できるじゃろう。
DEMドラゴンはすべてのDEMを統括しているわけではないが、
警備や守備を命じられている以上、それらと当たる可能性が大だ。

ホブニウェンペ
はっ、それはわかっております。

土魔 石亀様
可能であれば、中枢部のDEMドラゴンのところまで攻め入るとよい。

ホブニウェンペ
もちろんでございます。

土魔 石亀様
あとは光魔の動きにあわせて、攻撃と防御を使い分けるがよい。

ホブニウェンペ
はっ、それでは作戦を開始いたします。
(通信OFF)

土魔 石亀様
ま、どこまで切り込めるかじゃな。
今まで情報では入手していても、
我が軍が都市内部まで入り込むは初めてことゆえ、
ホブニウェンペができるだけ多くの情報をもたらしてほしいものじゃ。
それがホブニウェンペの忠誠の証となろう。

DF-031 無属性と無効化

ハート3
大丈夫ですか?
今すぐ治療します。
(癒しの魔法を使う)

スペード2
そなたに助けられたな。

ハート3
あなた様がこれほどの大ダメージを受けるとは思いませんでした。

スペード2
わたしの能力が消されたようだ。

ハート3
あなた様に生まれつきある能力がですか!?

スペード2
いや、一時的だな。
今は元に戻っている。

ハート3
それはよかったです。
しかし、一時的にでもあなた様の能力を消すとはいかほどのものですか?

スペード2
あるいは・・・・・まさかな。

ハート3
何か心当たりが?

スペード2
いや、まだはっきりはしない以上、
推測しても仕方ないか。
よし、時間があるときに調査だな。
そのときにはお前にも動いてもらおう。

ハート3
わかりました。

KH-173 翠と無属性 その13

力也
ところでよう、強化装甲、もう少しパワーアップできねえものか?

お銀(ハートメイト)
どういうことじゃ?

光輝・リーブス
実は、カード軍の2に出くわした。
2の能力なのだろうが、巫女の全開放でもなぜか魔法が反れ、
強化服装備でやっと当ててもダメージはいまいちだった。

春歌・リーブス
あとね、力也じゃスピードが足りなくてかわされるし、
わたしでは威力が足りなくてダメージは僅かしか与えられなかったね。
スピードはわたしの方が速いんだけどね。

ヒロ
総合的な能力でバランスよく高い。
あと、気合弾をな放って弾を対消滅させた。

お銀(ハートメイト)
なるほどのう。
想像以上に強いということじゃな。

光(ひかり)(光の巫女)
翠さんが2の魔法防御を消してくれたおかげで、
わたしとマリアさんの技で撃退することができました。

翠
コスモスさんが、不思議な防御結界があると言っていましたので、
さっそくマナの本と強化服の力をつかいました。

お銀(ハートメイト)
そちらは十分に役に立ったのじゃな。

マリア(闇の巫女)
カード軍の幹部には何度か目にしていますが、
2はそれよりも上なのでしょうか?
あるいは、2が何か特別な能力があるのでしょうか?

お銀(ハートメイト)
ふむう、謎な部分が多いようじゃな。
とにかく強化装甲の強化は検討しておくぞい。

KH-172 翠と無属性 その12

コスモス ノーマルフォーム
空中要塞へ到着。

お銀(ハートメイト)
ご苦労じゃった。
何かデータはあるのかのう?

コスモス ノーマルフォーム
ここの演算機にデータを転送する。

お銀(ハートメイト)
わかったぞい。
詳しくは後で見るぞい。
それですぐに報告できることはあるかのう?

光輝・リーブス
確かに鬼ノ寝床岩の地下に遺跡があって、
そこに謎の球体があった。

お銀(ハートメイト)
ふむう、やはり同じじゃったか。

春歌・リーブス
どういうこと?

お銀(ハートメイト)
以前にHANAがアンデッド島の地下にある遺跡を調べたのじゃが、
そこにも今回のと同じ球体で、何らかの電波を発しておる。

翠
つまり今回のは2つ目ということですか。

お銀(ハートメイト)
そうじゃ。
ただ、どういう目的で使われているのかはまだ不明じゃ。

マリア(闇の巫女)
魔法的な力を発していましたね。
何かを伝えるためでしょうか?
あるいは呼び寄せるためでしょうか?

お銀(ハートメイト)
それも現時点では不明じゃ。
これからここの演算機にかけて調べてみることにするぞい。

光(ひかり)(光の巫女)
他にもまだあるのでしょうか?

お銀(ハートメイト)
おそらくまだあるじゃろう。
いくつあるかはわからぬが。
また見つかったら調査を頼むぞよ。

光輝・リーブス
わかった。
時間があれば協力しよう。

KH-171 翠と無属性 その11

翠
ではいきます。
(マナの本を手に)
マナ・エレメントパワー
(銀色の強化服を装備)

光(ひかり)(光の巫女)
翠さんの分の強化服もできたのですね。

スペード2
なに?
まだいたのか?
どういう力なのか?

翠
マジックプロテクション・イレイズ
(魔法防御消去)

スペード2
なに!?
わたしの能力を打ち消しただと!?

翠
光さん、マリアさん、今です!

光(ひかり)(光の巫女)
ホーリーエクステンドレーザー!
(光属性高威力光線)

マリア(闇の巫女)
ダークエレメントカルテットボール
(4つの闇弾による範囲攻撃)

スペード2
ぐぁーーー!
(大ダメージ)

光(ひかり)(光の巫女)
効果がありました!

スペード2
まさかここまでダメージを被るとはな・・・・

(転移してくる)
ハート3
すぐに撤退して治療します!
(2を救出して転移)

マリア(闇の巫女)
2以外にも3も出ましたね。

光輝・リーブス
そういえば、今まで3は見たことがなかったな。
どうやら2と行動を共にしているようだ。

春歌・リーブス
なんとか相手を撤退させることができたね。
さっきの遺跡にはまた入るの?

光輝・リーブス
いや、ダメージを受けている人もいるから、
ここは帰るとしよう。

コスモス マシナフォーム
遺跡にあった球体のデータは記録済み。

ヒロ
ならばまずはそこから調べるべきだな。

光(ひかり)(光の巫女)
翠さんの強化服とマナの本による技はすごかったです。
体は大丈夫ですか?

翠
はい、本と服のおかげで、全く問題ないです。
これで皆さんと一緒に戦うことができます。

マリア(闇の巫女)
マナの巫女の真価の発揮ですね。

力也
それにしても強化装甲のおかげで助かったが、
もう少し強化できねえのか。

光輝・リーブス
それはお銀に相談するしかないな。
では要塞へ行って、今回の件を報告しようか。

KH-170 翠と無属性 その10

光(ひかり)(光の巫女)
マリアさん、わたしたちも強化服を身につけて、
今度こそ大ダメージを与えましょう!

マリア(闇の巫女)
そうですね。
次こそは確実に。

光(ひかり)(光の巫女)
ライト・エレメントパワー!
(白色の強化服を装備)

マリア(闇の巫女)
ダーク・エレメントパワー
(黒色の強化服を装備)

スペード2
何?
巫女にも強化装備があるのか?
ではその実力を見せてもらおう。

光(ひかり)(光の巫女)
ホーリーライトボール!
(光属性高威力魔法弾)

マリア(闇の巫女)
ダークエレメントストーム
(闇属性設置型高威力範囲魔法)

スペード2
(ダメージを受ける)
わたしに宿る能力をもってしても完全には防げないとはな。
なかなかのものだ。
だが、そうそう何度も使える技ではあるまい?
そしてここで反撃させてもらおう。
はーーーーー!
(周囲に高威力範囲気合技)

光輝・リーブス
くっ!
(大ダメージ)

力也
いてぇ!
(ダメージ)

春歌・リーブス
いたっ!
(大ダメージ)

光(ひかり)(光の巫女)
皆さん回復魔法をかけます!
ホーリーアレス!
(複数同時HP大量回復)

光輝・リーブス
強化装甲がなければ一撃でやられていた。

力也
俺は頑丈だからまだ大丈夫だが、
それでも連続でこられたらやべえ!

春歌・リーブス
接近戦で不意打ちで使われたら危険だね。

ヒロ
かなりの高威力の衝撃波だ。
うかつに近接戦闘すると何度でもくらう危険がある。

コスモス マシナフォーム
(小声で)
2の周囲というより内面かもしれないが、
何らかの不思議な防御結界がある。
それを消去できなければ勝つのは困難。

翠
(小声で)
消去ですか。
でしたらわたしの力が必要ですね。
リンク
ストーリーへのリンク 1
メインストーリー その1 http://leeveske.blog74.fc2.com/blog-entry-467.html
ストーリーへのリンク 2
メインストーリー その3 http://leeveske.blog74.fc2.com/blog-entry-858.html
ストーリーへのリンク 3
ECOのSNS編 http://leeveske.blog74.fc2.com/blog-entry-553.html
訪問カウンター
現在閲覧中の人数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
キャラその1
七堂明
キャラその2
ウェンディ・F・リーブス
キャラその3
未由・リーブス
キャラその4
光輝・リーブス
キャラその5
春歌・リーブス
プロフィール
リーブス家
ツイッター先
https://twitter.com/kwfelton
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

著作権など
公式公認